人気ブログランキング |

タグ:訪問介護 ( 5 ) タグの人気記事

 

疑い

勘違いかもしれない。
勘違いだと思いたい。

もし、そうなら申し訳ない。
失礼なことだと思う。

でも、実際に
ばーちゃんの家の消耗品が必要以上に減るようになった。

間違いなく消えたのは、ビニール袋2枚
キレイに片付けたあとだったので分かってしまった。

普段、看護師さんやヘルパーさんに使ってもらう場所にあるものではない。(それは別に置いてある)
以前にも、ビニール袋がごっそり無くなる事があり、母が小分けに出すようにしたそうだ。

他にもトイレットペーパーや流しのごみ取りネットが一気になくなっているような気がしていたが確証もなく、母はわたしにも話さなかった。

たぶん面と向かって「ちょーだい」と言われたら、あげられる程度のもの

もし、これが本当だとしても大した被害ではない。

ただ、悲しい
とても良くしてくれる方だと思っているから

信頼してお願いしていた。
やっぱり貴重品は置いてちゃダメなんだって思った。

人を疑って生活するのはしんどい

でも、もしかしたら、勘違いかもしれない。

by retoron543 | 2020-04-28 09:10 | 現在の件  

訪問介護初日 2019/7/1

今月から、週2回、訪問介護をお願いしました。

生活援助として、主に掃除を!
食事をする部屋とトイレをキレイにしてもらう予定113.png
掃除しても、掃除しても、汚しちゃうので…

あとは必要な時には、洗濯もしてもらえるように、ケアマネさんがプランを立ててくれた。

居室&トイレ&浴室掃除、整理整頓、衣服の整理、洗濯干す&畳む、換気、室温調整、買い物
以上を、ばーちゃんも出来ることは一緒に162.pngという内容!

事前に何をしてもらうか決めておくんだね。
臨機応変に対応してもらえるように、たくさん盛り込んでおきました165.png
とケアマネさん!頼もしいわー。

1回45分間で出来ることをしていただきます。

今日は、この訪問介護の初日!
予定通りお掃除をしていただきました。
ぴかぴかー177.png
ありがとうございます!

ばーちゃんは、あんなに嫌がっていたことが嘘のよう
ちゃんと着替えてお出迎え
「よろしくお願いします。」
と挨拶を済ますと、いそいそと寝室へ
寝るのね(笑)

終了時のサインは、ばーちゃん自分でしたそうです。

その後、わたしが様子を見に行くと、もうパジャマだった105.png
特に嫌そうな雰囲気もなく穏やかでした。
よかったー。

「夜ご飯はいらないからね。」
弁当がない日は必ず言うようになった。

今日は肉じゃが
一応、聞きに行く。
ばーちゃん、肉じゃが食べるー?
「食べる!!」
食べるんじゃん!

なんやろう、ばーちゃんなりの気遣い?
でも、お惣菜を買ってくるというと「いらない」って言いそうだな。

昨日、産直で買ってきた、ピオーネやすももは、いーっぱい食べました。
一気に食べちゃったから、果糖のとりすぎが心配だけど…
冷蔵庫に入れておくと全部食べちゃう。
じーちゃんにも食べさせてあげたいな。
糖尿病もあるけれど、食堂でみんな一緒に食べるから、他の入居者さんの視線も気になるよね。
食べられない人もいるだろうし。
難しいなー。


麦茶、ポカリ、アイスコーヒーはたくさん飲む。
牛乳は減らない。

今日の夜ご飯
肉じゃが
ひじきの炒り煮
胡瓜とワカメの酢の物
冷奴
卵とねぎの味噌汁

以上、完食

by retoron543 | 2019-07-01 23:10 | 現在の件  

今日のばーちゃん 2019/6/17

今日は、伯父と、伯母も来てくれた。

ばーちゃんに訪問介護についての話をしてくれた。
ばーちゃんは、体裁を気にするので、ヘルパーさんが来た際に拒否をすることはないと思っている。
ただ、そういう場合もあるため、ケアマネさんから、本人の承諾を得るようにと言われている。
伯父が上手く話してくれたので、ばーちゃんは怒らない。
でも、黙っていたようなので、わたしたちが聞くと、また嫌だと言い始める可能性大。
もう聞かない!

伯母がお昼にと、ちらし寿司を買って来てくれた。(わたしのも162.png
…そうか!買って来て良いんだ!
ばーちゃんのご飯、弁当も食べないものだから、全部作らなきゃ―と思っていた。
ばーちゃんの食べたいものを買って来てあげよう!

早速ばーちゃんに聞く

お魚を焼いたお惣菜もあるから、食べたいものを言ってくれたら買ってくるよ!

ばーちゃん、黙る。
切ない顔で、黙る。

お惣菜は嫌みたいです。
仕方ない。

今まで、お菓子を食べたらご飯を食べないから…あまりお菓子を買っていなかった。
でも「好きなものを食べていい」と!!
張り切って、ばーちゃんの好きな、茎わかめと宇治金時アイスと芋パンとアイスコーヒーを購入!
うきうきして持って行くと、ばーちゃんも嬉しそう。

が、その後、栄養補助食品のフタを開け、食べずにまた放置しているのを発見。
食わず嫌い発動中

3日前にばーちゃんに頼まれ買ってきた、たまご6個入り
そのうち2個を母がゆで卵にして、ばーちゃんぺろり
残り4個の賞味期限は、2週間ある。
なのに
「卵はいらない」と言い始めた。

自分でご飯を作る気はないようです。
おやつを買い過ぎた。
夕方にれんこんのきんぴらだけ持って行ったけど食べるかな。

今日は、ポータブルトイレとそのゴミ箱とおむつを部屋の片隅に追いやり、布をかけて隠していた。
伯父が来るまでは、全開。丸出し。
今は歩いてトイレまで行っているよう。

伯父は明日、帰ってしまう。

ばーちゃん、どうかこのままで!!!

おっちゃんおばちゃん、また来てね。
ばーちゃんめちゃくちゃ元気になります。

by retoron543 | 2019-06-17 23:10 | 現在の件  

約束なんて知らない

「ばーちゃんの意地」のつづきです。

これは、じーちゃんが入院中のばーちゃんのお話です。
じーちゃんについては、また今度。

じーちゃんが入院したので、家にはばーちゃんが一人。
ばーちゃんは、じーちゃんの世話をする必要がなくなった。
さらに、ばーちゃんが家事をしないことで、じーちゃんにシワ寄せがいくことが無くなったのだ。

私たちは遠慮なく手伝いを中止できる!!
心配ではあったが、手を出さないように、声掛けだけを続けた。

部屋は悪臭が漂い(たぶん寝室のゴミ箱トイレ)
食事も食べてはいるようだが、適当だった。
ゴミ捨ては、自分で階段を下りて捨てていた。

じーちゃんの見舞いは、周りが強く言うまで行かなかったが、じーちゃんのために帰省していた叔父の世話は、足を引きずり、文句を言いながらでもやっていた。
叔父が風呂に入るので、その間は、ばーちゃんも風呂に入っていた。

この頃に「ひねくればーちゃん」でかいた作戦で病院に連れていくことが成功した。

そして、さすがにもう限界
足の浮腫みも、栄養が足りないことが原因だといわれたので、食事も本人任せではまずい。

まずは、足を治すことが優先
往診と訪問看護をお願いすることにした。

訪問介護よりも、看護師さんが来てくれる「訪問看護」の方が、高齢者は受け入れやすいとあった。
それもあり、まずはそこから慣れてもらいたかった。

ケアマネさんに相談すると、老健でのリハビリもデイサービスとして受けられると!
ぜひ!!という事で、介護度の見直しを行い、訪問看護週1と老健デイサービス週2を始めることになった。

でも、このまま以前のように、手伝いを始めてしまうと、また同じことになる。

そう思い、母と相談した。

手伝いを始める前に「母が必要と判断したら訪問介護を受け入れること」をばーちゃんに約束してもらった。

食事については、体調の事もあり最優先だと思った。
だから、今は可能な限り夕飯は用意する。

でも、その他の手伝いは、なるべくしない。
ばーちゃんが出来ないようなら、訪問介護をお願いしたうえで、手伝う。

私たちの生活を守るためにも、そう決めて、やって行くことにした。

が、ばーちゃんは、そんな約束は忘れていた。
「今日のばーちゃん」この日に、以前と同じセリフを吐く。

えーと、キレてもいいっすか?

あぁ、でも認知症もあるかもしれない。
どうやって、この検査をさせれば良い?
何をするにも反発するばーちゃんを誘導するのが、なにより大変だ。

ばーちゃんのためにと必死で考え、必死で行動し、必死で説得する。
それよりも、たまに連絡して優しいこと言っとけば感謝されるのだから、その方が良い。

とりあえず、キレていいっすか?

by retoron543 | 2019-06-09 22:10 | ばーちゃんの件  

ばーちゃんのプライド

ばーちゃんは、プライドが高い。

80歳を過ぎた頃にも、
「手押し車を使うなんて、年寄りみたいで嫌だ!」
と頑なだった。

今では、歩くのもやっと。
家事をするのは大変だと思う。

だから、掃除洗濯は母が。
食事は、おかずを数品、わたしが作ることにした。

だけど、母も私も仕事をしており毎日、自宅と祖母宅の家事を担うには負担が大きすぎる。

祖父母は介護認定を受けており、訪問介護という形で、家事も手伝ってもらえる制度があることをケアマネさんに教えてもらった。

週に1度でも良いから、訪問介護を頼まないかと祖母に話したところ
「わたしは掃除も洗濯も、食事もちゃんとしている!!」
とブチギレ

まさか、まさか
母やわたしがやっていることを認識していないのか?
何もせずとも、家中がキレイだと?

このまま、ずっと私たちだけで、やっていくには限界がある。
ましてや、本人は一人でやっているつもり。
このままでは永遠に理解してもらえない。

私たちは、家事を手伝うことを止めた。

つづき

by retoron543 | 2019-06-01 15:55 | ばーちゃんの件