人気ブログランキング |

タグ:サ高住 ( 37 ) タグの人気記事

 

じーちゃん入院 2020/5/8

今日、じーちゃんが入院することになった。



サ高住からは、面会自粛中にも何度か連絡があり
「浮腫が強い」ことは聞いていた。

先日は、腹水も溜まっているようだということで連絡をもらった。
でも、食事は食堂で食べているし、バイタルにも問題はなく、主治医の指示のもと過ごしているという報告だった。

じーちゃんの体調も心配だけど、コロナも心配…

電話口で面会に行っても良いか確認をした。

他の方も面会に来ているし、マスク着用と検温のルールを守れば大丈夫ですよとのこと

ただ、面会は原則「ロビー」で…
寝ているじーちゃんを起こすのは容易ではない。
短時間なら、自室での面会も構わないと許可を頂いた。

久しぶりの面会
それでも、わたしや娘まで行くのはさすがに止めた。
母だけの面会です。

でも、やっぱりじーちゃんは変わらずスヤスヤ…
サ高住では、丁寧にお世話をしてくれるので、気持ちよさそうに過ごしていた。
ここにお世話になっている限りは安心だ。

そう思っていた矢先

サ高住でじーちゃんの診察をお願いしている、かかりつけ医からお呼び出し…

やはり浮腫が強く、血液検査の数値も良くない。
サ高住ではこれ以上の治療は出来ない。

このままサ高住で過ごして、急変してからの入院であれば、手遅れの状態になる。
治療をするならば、いま入院するしかない。

ただ、入院治療したからといって、状態が良くなるかどうかは分からない。

という話だった。

今のサ高住であれば、お風呂も髭剃りも…身の回りのお世話は充分にしてもらえる。
面会も「自粛」なので、ルールさえ守れば会うことも可能

でも、入院してしまえば、面会は「禁止」となるので、一切会えない。
今まで、入院中は食事介助や、爪切りに髭剃り…身の回りのお世話は大叔母や母、わたしも手伝ってきたが、それも出来ないということ

当たり前だけど、病院は【治療】をするところ
快適に過ごすための場所ではない。

どっちが良いのか、わからない。

でも、母は決めなくてはいけない。

伯父に相談して、じーちゃんは入院することが決まった。

今、母はじーちゃんの入院に付き添いに行っている。

これで当分会えなくなるのかな?
県外の親類にはすでに長く会えていないのだから、贅沢は言えないかな?

じーちゃん、絶対元気になって、退院してね。

早く、みんなで会いに行ける日がきますように。

by retoron543 | 2020-05-08 13:10 | じーちゃんの件  

じーちゃんに会えない

じーちゃんの入居するサ高住
いつのまにやら【 面会自粛 】になって数週間が経つ

自粛なのだから、絶対に行ってはダメ!というわけではないだろう。
でも、やっぱり「もし私たち家族から施設内にウィルスを持ち込んだら…」と思うと恐ろしくて行けない。

もう長らくじーちゃんに会っていない。
一体いつまで自粛すれば良いの?

みんなが中途半端に活動してるからじゃない?
なんてダークサイドに落ちそうになる。

新学期が始まったかと思えば、あっという間に再び休校となってしまった娘の学校

感染拡大を思えば正しい判断だと思う。
でも、友達と会えないことも、授業が進まないことも、不安でたまらない。

これからどうなるんだろう?

そんな時、じーちゃんが入居するサ高住と同じ母体の施設でコロナの感染があった。
あぁやっぱり今は【面会自粛】が正解かもしれない。

お願い、じーちゃん元気でいてね。

by retoron543 | 2020-04-17 12:10 | 現在の件  

咳が出る…でも、マスク無し

サ高住から連絡があった。

「咳とたんが出ているのでマスクを持ってきてください。布でもいいです。お願いします。」
ガチャっ…

えーと…
今、マスク買えないよ?
布マスクも大人用は見当たらない…

作る?
材料は買えるのか?

家中のガーゼ生地を探し
娘の小さなガーゼマスクと、母のハンカチ…

表面用にゼッケン用の真っ白い生地
さすがに、じーちゃんに花柄などはちょっと…

あるものをツギハギ作るしかない!
と、覚悟を決めたところに母がタンスをごそごそ…

てってれーっ♪
抗がん剤治療中に使っていた…
【大人用ガーゼマスク】!!!

母の使い古しだけど…
まぁ今は仕方ないでしょう。

そもそも、じーちゃんが大人しくマスクをするとも思えないし。

とりあえず、これでなんとかお許し頂けますように155.png

by retoron543 | 2020-03-27 18:10 | じーちゃんの件  

臨時休校終了→自由獲得?

ちらほらと臨時休校が明けている学校もあるようで…
でも、すぐに春休み!
わが家は特に変わらず日々バタバタ過ごしております。

ここ数日は春の陽気
臨時休校も終わり、みんな通常運転?
街中には人通りも増え、通りかかった小さなライブハウスではライブも決行されていた。

わが子のお友達も人混みへ買い物に出掛けたり、旅行に行ったという子も…
だ、大丈夫なん?

わたしが気にしすぎなのか…
みんな実害がなければ、あまり気に留めないのか…

わたしだって、そのものに罹患することよりも
【じじばばのお世話をしてもらえない】状況がコワイんだもの。

だからって、わが子に「あの子は旅行に行ったらしいからしばらく遊んじゃダメよ」なんて言えない。
そんなことをしても、キリがないしね。

内心びくびくしながら、笑顔でお出迎え
外で遊べと促し、頻繁に換気をしております。

じーちゃんのサ高住からは、3月も中旬を過ぎた頃…
請求書と共に、面会を控えるようにとの案内が送られてきた。

今更かい!!?と思ったけれど、「もしも」のために母も自粛中

そんな最中にも「転倒してました」との着信アリ

ケガはしていないらしいし、もう頻繁すぎて…
心配は心配だけど、仕方のないものなのか?とも思えてきた。

どうしたもんか?
母と相談するも、結局は施設任せ
ケアプランを変更したくても、施設側の都合じゃないと動かないので、何も提案がないあたり「どうしようもない」のでは?

とりあえず、次回の担当者会議で聞いてみては?という話になった。

ばーちゃんは、あれから食欲は戻らないまま
今までが食べすぎだったのかもしれないけど。
栄養状態が心配…でも、まぁそれなりに元気です。

まだしばらくは、手荒れに耐えながら…アルコール消毒に手洗いうがい頑張ります。

by retoron543 | 2020-03-24 13:10 | 現在の件  

じーちゃんの誕生日 あとちょこっとバレンタイン

あれ…じーちゃんの誕生日についての記事、書いてなかったっけ?

うーん、見つけられない。
どこかにあったら、ごめんなさい。

たいしたお祝いではないけれど105.png
書いておきたいと思います。


*****

もう一ヵ月以上前のお話になります。

じーちゃん誕生日近くの週末

ばーちゃんも一緒に、母と娘と私の4人でサ高住へじーちゃんに会いに行きました。

昼食時、じーちゃんは自室で食事を取ることにしました。

お誕生日お祝い!ということで、出血大サービス!!
最初から最後まで食事介助…あーんして食べてもらいました。

やはり、じーちゃん、食べさせてもらうとたくさん食べます。
自分で食べるのは疲れるんだろうね。

食後には、持参したじーちゃんの大好物【 豆大福 】登場

99歳のおじーさんが、のどに詰まらせないの!!?
とお思いでしょう…大丈夫っ!!!
じーちゃん、好きなものはまだまだ上手に食べられるのです。
安定の嚥下で、まるまる1個をペロリ!

お腹いっぱいになったじーちゃんは、すぐにおねむモード

ばーちゃんと娘のカラータイマーも点滅を始めています。

お膳を食堂に返し、帰宅することに…

今回、ばーちゃんはルンルン♪

なぜならば…

ひっさしぶりの対面だったにも関わらず、じーちゃんはばーちゃんをしっかり認識していた。

これは誰?とばーちゃんを指さすと

「わしの女房や!」と笑った。

名前を言う事はなかったけれど、しっかり分かっていた。

ばーちゃんは、じーちゃんに対して、甲斐甲斐しいお世話なんてしない。(今では出来ないんだけど)
そのわりに、周りの目を気にしての【わたしは妻の務めを果たしている】アピールがすごい。

それを物凄く気にするばーちゃんだから、何もしていない今でも、じーちゃんに認められたような気がして嬉しかったんだろう。

終始ご機嫌で、後日やってきた、看護師さんやヘルパーさんにも張り切って話していた模様

なんか、ちょっとモヤっとする(笑)
まぁ、本人たちが良ければ良しとしましょう。

その後のバレンタインも
じじばば共に、しっかり生チョコ食べました。

by retoron543 | 2020-03-17 12:10 | じじばばの件  

じーちゃんの体調不良 2020/3/15

昨日、またまたサ高住から数回連絡があった。

じーちゃんが、膝をついて床に佇んでいたらしい。

血圧も高く
下肢の浮腫みも強い
食欲もない
せん妄気味なのか、饒舌にもなっているよう

かかりつけ医には連絡済みということではあったが、すでに診療時間は終わっていた。
もし診療時間内だったとしても、無理をして受診すべきか悩ましいところ。

サ高住側からすれば、何かあってはいかんので、どこかしら病院に行って欲しかったのだろう。

でも、ねぇ…?
病院行ったところで、何をするん?ということが根本にある。

高齢であれば、出来る処置は限られる。
以前の入院中、検査で骨折したと(わたし達は)思っている。
動ける体も、拘束され動けなくなった。

そこに加え、話題のコロナ

そのリスク以上のメリットがあるのん?

で、かるーく病院拒否

翌日の午前中
母だけで面会に行ってもらいました。

すでに、じーちゃんは食堂にスタンバイ
昼食は完食したそうです!

体調もよいよい。
まだ浮腫みはあるかな?

とりあえずは安定したようで、良かったです。

度重なる、判断…心身ともにキツイと思います。
母のハゲ、治る日は遠いかな?

by retoron543 | 2020-03-15 23:10 | じーちゃんの件  

じーちゃん介護認定更新 2020/2/27

じーちゃんの介護認定…更新の時期がやって来た。

この手続きには、かかりつけ病院で書いて頂く「医師の意見書」なるものが必要だ。

前回の更新時は、入院中だった。
それ以前は、昔から通っている病院に毎回お願いしていたので、特別に診察などが必要ということはなかった。

今回は、サ高住に入居してから、初めての更新

つまり、サ高住から紹介された【かかりつけ病院】に「医師の意見書」を書いてもらうのも初めてという事になる。
このかかりつけの病院からは月2回、サ高住へ往診に来てもらっている。

病院への依頼は、ケアマネ経由

その後、今度はサ高住経由で病院側から連絡が来た。

「意見書を書くために、脳のMRIと認知症の検査をしに来院してください。」

この件に関して、サ高住は関わりたくない模様

詳細は、病院に聞いてくれという事だった。

MRIについては、長時間の待ち時間に加え、母自身がMRI検査でしんどい思いをしたため、急を要しない現状で、高齢のじーちゃんに受けさせる必要のある検査なのか?という疑問の元、1度お断りしたばかりだ。

サ高住からの電話を受けたのはわたし

仕事終わりの母に伝え、母は病院に問い合わせることにした。

・どんな検査が必要なのか?→脳のMRIと認知症の検査です。

・どのくらい時間がかかるのか?→2時間はかかります。

・高齢の父に負担となるが、意見書に必要なのか?→検査したくないですか?

…ん?

検査、したくないですか?

母、大きな声で「したくないです!!」と答えていたよ(笑)

すると、先生に伝えますと言われ電話を切った。

その後は病院からもサ高住からも連絡なし。

絶対必要なモノではなかったという認識で良いのでしょうか?

いや、だーかーらー!!
簡単に必要のない検査をさせようとするなー!!

じーちゃんは、普段ベットで気持ち良く寝ている時間を車椅子に座らされ延々待たされる事になる。
そもそも、認知症の進んだじーちゃんが大人しくMRIを受けられるのか?

付き添いだって、往復を考えると4時間は拘束されることを覚悟しなくてはいけない!

介護タクシーの手配、病院で排泄があった場合どうすれば!?云々…心配は盛沢山!!!

そして、今は何よりコレ!
コロナコロナコロナ…

前回、じーちゃんの体調不良で受診したときにも、周りにはインフルエンザ検査結果待ちの患者さん多数…
そんな中、99歳のじーさんを連れて来いと!!?

そりゃあ、体調が悪くなれば仕方ないけれど。
わざわざ必要もないのに病院に行きたくありません!

さて、「医師の意見書」はどうなることでしょう。

by retoron543 | 2020-02-28 17:10 | 現在の件  

コロナコロナコロナ…

連日、テレビやネットのニュースで情報が流れているけれど何が正しくて、結局どうすれば良いのか…
アルコール消毒だって、マスクだって、売り切れているのだから、出来るのは手洗いうがいのみなのか?

そもそも出不精のわたし!
旅行もしなければ、行楽地へ出掛けることも皆無!

買い物だって、混雑時は避けて行きます。

重症化しやすいのは、高齢者や持病のある人よ!と報道されておりますが…

99歳と90歳の超高齢者&持病有りまくりの、じじばばがおりますから!

それよりなにより、このじじばばを置いて母に倒れられたらたまったもんじゃねぇ!!

極力、引きこもりの日々を送ってはおりますが、来る者は拒めず…

ちっさな店にだって、大きなリュックを背負ったお客様はいらっしゃるのです。

子ども達にしても、そんなの関係ねぇ!
先日は、ゲッホゲホ咳をしながら遊びに来た友達あり…
「帰って寝とけー!!」とは心の中でしか言えませんでした。

誰も居なくなってから、入念に空気の入れ替えをするしかない!
今の時期、まだまだ寒いのよ!!
これで風邪ひくんじゃないかと思う。

しかも、我が家は全員花粉症!!
薬を飲んでいたってなんのその!鼻水は出るわ、目から全身から痒いんだー!
毎年、喉にもくるので、咳が出始めるのも、そう遠くはない…
普段から体温の高いわたしは、花粉症で微熱だって出ますことよ。

なにが原因か…わっかりませーん。

最悪、じじばばだけなら未だしも(いやダメだけど)

じーちゃんが居る【サ高住】や、ばーちゃんが通う【デイサービス】で広めてしまったら…と考えると恐ろしい。

サ高住への訪問は最小限に…極力、母だけで。
ばーちゃんにも、不要不急の差し入れはいたしません!

早く終息しますように。

by retoron543 | 2020-02-25 12:10 | 現在の件  

[汚話]強引g my way 2020/2/21

じーちゃん、またもや!やってくれました。

今朝、サ高住から母の携帯に着信アリ

母の携帯が鳴ると、ほぼほぼ良いことがない

着信音が鳴り始めると、母と二人「ピキーン」とした空気になるのよ。

今回も便汚染

早朝4時に自室で、諸々脱ぎ捨て立っていたらしい。

これまで、便汚染は数知れず…
在宅介護だったらと考えるだけで恐ろしい。

施設には頭が上がりません。
もちろん追加料金はかかるけれども

便汚染も少しずつレベルアップ(ダウンか?)している。

入居して初めのころ、行くたびにトイレで大爆発を起こしていた。
トイレホルダーや手すりにも被害が…

それから、ソレを踏んづけて歩き、スリッパと床に被害が拡大

最近では、頻繁に布団まで汚すようになった。

そもそも、今では完全にテープ式オムツなので、取替も寝たままだろうし、一人でトイレに行く想定ではない。

でも、せん妄なのか?【覚醒】しちゃうと出てくる火事場の馬鹿力!!

普段は、車椅子からベットに移るのも介助していて怖いくらい「やっと」という感じ
それでも、覚醒してしまえば自分で立ち上がっちゃうんだからコワイ…

それで、ですね。

今回はますますパワーアップ!!

なんと、じーちゃん

尿パックの管をハサミでちょん切った

えぇ、えぇ…
ハサミを置いていたのが悪かったと思います。

次から次に出てくる持ち物への「名付け」
お名前シールを剥がれにくくするために角を丸く切ってから貼り付ける…
そんな作業を、手持無沙汰になる、見舞い時にやっちまおうと、ハサミを持ち込んでいたのです。

そして、そのハサミは、かなり小さめサイズ
それで【何か】が起こるとは想像できませんでした。

これからは、気を付けないとと思います。
もしかしたら、一緒に置いてあった爪切りもヤバいかもしれない…

じーちゃんに戻ります。

何故じーちゃんはこんな暴挙に出たのか

じーちゃんは、常に便秘気味
訪問リハビリで排便コントロールもしてもらっているんだけど、なんせ寝るばかりなので、出るまでに数日あいてしまうよう。

その開通時に強く「トイレに行きたい!!!」と思うのか?
お腹も痛くなるのかも…だから、自分でトイレに行く力が沸き上がっちゃうのかなと思う。

これまでは、覚醒しても、しっかり尿パックを自分で手に持って移動していた。

今回は、尿パックの存在も理解出来なかったのかもしれない。

ベットに寝ている間、尿パックはベットの柵に引っ掛けてある。
だから、自分で起き上がってトイレに行こうとしたら、尿パックのカテーテルに繋がれて動けなかったんだろう。

そして、カテーテルの長さの範囲…ギリギリ手の届くところにハサミはあったと思う。

元々、目的達成のためには手段を選ばない…デメリットだって、もろともしない!そんなじーちゃんですから。

えぇい!切ってしまえ!!と思ったんでしょうよ。
ちっさいハサミなので、それはそれは頑張って切ったでしょう。

こんな風に冷静に、「元々じーちゃんはそんな性格だわ」と考えられるのも、施設に入居しているからこそ

本当に有難い。

頻繁にサ高住へ菓子折りを持って行く母の気持ちも分かります。
有料だからと言っても、対人なので…気持ちは大事です。

知る限りの【美味しい】菓子折り情報を使い果たしそうだよ。
次はどうしましょうかね。

by retoron543 | 2020-02-21 12:10 | 現在の件  

じーちゃんの状態 退院まで

本日、じーちゃんが退院しました!

約3週間の入院生活でした。

今回の退院時は、母が一人で付き添い

じーちゃんの移動は、初めての「介護タクシー」

今頃はもうサ高住でお昼ご飯かな?
母は担当者会議に出席してから帰宅予定です。

*****


前回の記事
からは、もう少し回復しているように見える。

食事は、以前ほどではないにしても、しっかり食べる時もあるようだ。
高齢になると、どうしてもムラが出るみたい。

前回に引き続き、苦しそうな呼吸もない。

心配していた、尿の色もキレイになった!

ちょっと気になるのが、時々饒舌になること

一時のように
明らかにおかしい!と思うような「せん妄」状態ではないのかもしれない。
「話をすることが増えた」なら良いんだけど

入院中にも、突然ベットサイドに立ち上がっていたこともあったようで…
その辺りが心配

といっても、3週間の内1度だけなんだけどね。

饒舌になることも、そんなに多いわけではなくて

今までは、頷いたり、「いらん」の一言だったものが

「これは不味いんや」

とか

退院前に再チャレンジした爪切りの際には

「身、切らんとって」

と何度も言ってみたり…その程度のことが多い。


そうそう爪切り!

前回の挑戦から一週間後
さすがに無理やりにでもやらねばと意気込んで行くと、すでに看護師さんが切ってくれていた105.png

すみませーん!
ありがとうございます!!

そのため、まだ切っていなかった足の爪だけカット

そして、まだ時間があったので、手の爪も角がなくなるよう爪やすりをかけた。

それから、クリームを塗りながら、少しだけマッサージ

そうすると、あんなに嫌がっていたじーちゃんがウトウト…

さらに、右手が終わったら、自らサッと左手を出した!!!

爪切りだってそんなに痛くはないと思うんだけど…【気持ちいい】ぐらいじゃないと嫌なのね。

老健に居た頃は、まだ椅子に座っている時間も長くて、肩や背中もマッサージすることが出来た。

今では、ベットに横になっていることがほとんど
車椅子に座るのだって、食堂などに移動する時くらい

今度、サ高住に行った時にもハンドマッサージをしてあげよう。

できれば、施設長のいない時にね。

by retoron543 | 2020-01-21 12:10 | じーちゃんの件