人気ブログランキング |

<   2020年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

右往左往

ようやく全国の緊急事態宣言が解除になりましたね。

我が家の娘の学校も再開!
夏休み以上に長い期間子どもが家に居るなんて…赤ちゃんの頃以来です。

元気の有り余る子ども…

衰えゆくじじばば…

その狭間で中年二人は右往左往。

めっちゃ疲れた。
特に何かをした!というわけではないと思う。
じーちゃんは面会禁止だし、わたし達もずっと家に居たし…
ただただ「どうしよう?」「どうしたらいい?」どうしようもない不安ばかり感じる毎日にゲッソリです。

まだ「いつも通り」には程遠いけれど、やっと、少し明るい気持ちで過ごせそうです。

まぁそんなに悠長なことを言っていられるのは、今のうちかも?

遅れまくった授業を
夏休みを削り…運動会も中止…そして、1日7時間の授業で補う。
暑い中、登校すれども今年はプールも無し!
やっぱりマスクも常時着用かしら?
大人でもしんどいのに…酸欠状態でお勉強
あれもこれも子ども達のため…仕方ないのかな?
下校後はぐったり間違いなし。フォローがんばります!!

で、本題です。

ばーちゃんの衰えが止まらない。

ばーちゃん本人に伝えている
在宅介護を続けられるボーダーライン
【3階までの階段上り下りが出来ること】

これは何が何でも頑張るばーちゃん
気力でクリアしてます。

が、食事やトイレなど…毎日の生活が難しくなってきた。
基本的にベットから起き上がる気力がなくなってきたみたい。

食事に関しては、前から書いている通り
最近は、病院で処方されるコーヒー味の栄養補助ドリンクがお気に入りで、それはきちんと飲んでくれる。
食事もムラはありつつも、少しずつは食べている。こちらも試行錯誤しながらなんとか…という感じ

今の問題はやっぱり排泄
浮腫みがあり、利尿剤を飲んでいることもあり、出る量も多い。
便の回数も増えているのかもしれない。

自分で尿パットを交換するのも面倒だし
自分では上手くセット出来ないようだ。

朝、母が行くとベットまで汚れていることが多くなってきた。
日中も母が促して、手伝いながら交換しなくてはいけない頻度が増えている。

まだ自分で動いてはくれるものの、仕事や家事の合間に行くので、ゆーっくり動くばーちゃんを待つのはそれはそれはイライラ…忍耐が必要な事だ。

このままばーちゃんが自分で出来ないことが増えていくと、まだ毛の生えない母への負担は相当なものになる。
わたしも、申し訳ないけれどじじばばの下の世話までするつもりはない。(母さんのはするよ!)

気力で階段を上り続けるばーちゃんには申し訳ないけれど、次の段階についても考えざるを得ない。

極力、本人の希望でもある在宅介護を長く続けられるように
母への負担を減らせるように

今のところ
デイサービス、訪問看護(足浴)、訪問介護(掃除)を週2回ずつお願いしている。

ばーちゃんは要介護1
現状維持のためにこれ以上出来ることが思い当たらない。

また諸々についてケアマネさんに相談しなきゃね。
母と二人、先々を考えるだけでクラクラしちゃうよ。

by retoron543 | 2020-05-28 13:10 | 現在の件  

じーちゃん入院 2020/5/8

今日、じーちゃんが入院することになった。



サ高住からは、面会自粛中にも何度か連絡があり
「浮腫が強い」ことは聞いていた。

先日は、腹水も溜まっているようだということで連絡をもらった。
でも、食事は食堂で食べているし、バイタルにも問題はなく、主治医の指示のもと過ごしているという報告だった。

じーちゃんの体調も心配だけど、コロナも心配…

電話口で面会に行っても良いか確認をした。

他の方も面会に来ているし、マスク着用と検温のルールを守れば大丈夫ですよとのこと

ただ、面会は原則「ロビー」で…
寝ているじーちゃんを起こすのは容易ではない。
短時間なら、自室での面会も構わないと許可を頂いた。

久しぶりの面会
それでも、わたしや娘まで行くのはさすがに止めた。
母だけの面会です。

でも、やっぱりじーちゃんは変わらずスヤスヤ…
サ高住では、丁寧にお世話をしてくれるので、気持ちよさそうに過ごしていた。
ここにお世話になっている限りは安心だ。

そう思っていた矢先

サ高住でじーちゃんの診察をお願いしている、かかりつけ医からお呼び出し…

やはり浮腫が強く、血液検査の数値も良くない。
サ高住ではこれ以上の治療は出来ない。

このままサ高住で過ごして、急変してからの入院であれば、手遅れの状態になる。
治療をするならば、いま入院するしかない。

ただ、入院治療したからといって、状態が良くなるかどうかは分からない。

という話だった。

今のサ高住であれば、お風呂も髭剃りも…身の回りのお世話は充分にしてもらえる。
面会も「自粛」なので、ルールさえ守れば会うことも可能

でも、入院してしまえば、面会は「禁止」となるので、一切会えない。
今まで、入院中は食事介助や、爪切りに髭剃り…身の回りのお世話は大叔母や母、わたしも手伝ってきたが、それも出来ないということ

当たり前だけど、病院は【治療】をするところ
快適に過ごすための場所ではない。

どっちが良いのか、わからない。

でも、母は決めなくてはいけない。

伯父に相談して、じーちゃんは入院することが決まった。

今、母はじーちゃんの入院に付き添いに行っている。

これで当分会えなくなるのかな?
県外の親類にはすでに長く会えていないのだから、贅沢は言えないかな?

じーちゃん、絶対元気になって、退院してね。

早く、みんなで会いに行ける日がきますように。

by retoron543 | 2020-05-08 13:10 | じーちゃんの件