人気ブログランキング |

<   2019年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

パリピなばーちゃん

入院中に90歳を迎えたばーちゃん
「ばーちゃんの誕生日」

病室では、カップケーキでのささやかすぎるお祝いとなったので、仕切り直し!!

でも、あんまりたくさん食べさせるのは怖い…

入院前、転倒した前日にも、たくさん食べていた。
「ばーちゃんの様子 転倒前日から当日まで」

また何かあったら…と思うと怖いけれど、そうやって制限していたら何もできない!!
予定通り、大きなケーキとお寿司でお祝いすることに162.png

なるべく胃の負担にならないように

ケーキは、おやつの時間に、みんなより少しだけ減らしてペロリ!

お寿司は、ケーキから時間をあけて…ばーちゃんの好みと消化を考えた厳選5貫をペロリ!

前に飲みたそうだった【ビール】もすこーしだけ飲んでもらいました102.png

ばーちゃんは
「こんなにお祝いしてもらったのは初めて!!」
と大喜び!

大きな9本のロウソクの火も、自分で吹き消して
写真を撮ろうと、カメラを向けると、EXIT風のあげあげポーズ(笑)

嬉しすぎてばーちゃんパリピになっちゃったよ。

でもね
何度も何度も「初めてー」って言ってたけれど
おととしも、大きな丸いケーキでお祝いしたんだよ…

喜んでくれたから良いけどね。
また忘れたら、もう一回お祝いしましょう!128.png
寿司とケーキは何回でも大歓迎よ(笑)

by retoron543 | 2019-12-24 12:10 | 現在の件  

撒き散らすばーちゃん パワーアップver.

「ばーちゃんの転倒対策 その3」のその後…

あれから転倒はありません。

でも、どうしても寝室で履き替えたいばーちゃん

というか、トイレを使えない状態にしてしまう145.png

どうやって使っているのか、ヘルパーさんがトイレ掃除をしてくれても、すぐ!本当にすぐに!!
びっちゃびちゃ…

足元だけでなく、便座まで水浸しになるから、確かにそこで履き替えるのは難しいよね。

この状態で、寝室にポータブルトイレを置いた日には恐ろしいことになるYO

汚したことは覚えているのか、深夜にはトイレまで行かずに寝室でリハパンを脱ぎ捨てるだけで済ませていた。

つまり、NOおパンツばーちゃんだよ。

お漏らしはパジャマに…

これも、カメラでベットサイドに脱ぎ捨てられたリハパンを発見した母が、朝一で確認したから被害が少なく済んだだけ。
気付かなかったらシーツまで大惨事になるところだったよ。

寝室に履き替えやすそうな椅子を買おうか?とも相談していたけれど、結局トイレまで歩かなくなるわけだし

【トイレ】じゃなくても、
感覚が鈍ってきているので、最後まで出きったのかも分からないし、
脱ぎ履きの途中に我慢することも出来ないのだと思う。
これでは、椅子の周りだって汚すことは間違いない。

毎日のお漏らしを吸収したマットを敷き続けるのもキツイ
だからといって、頻繁に買い替え&敷き直しなんて出来ないよ。

せめてトイレでやってくれーと思うけど、それも1度で大惨事!!

どっちにしろ、リハパンは大量に使っているんだから、全部そこに出してくれた方が良いんだけど…

リハパン+尿パッドで一晩くらいもたないかな?
やっぱり気持ち悪いから脱いじゃうのかなぁ…

「撒き散らすばーちゃん」
この時には、自分で拭こうとしていたのね。
今は、たまーに母に促され、ちょっちょと拭いてる風にする程度で、基本撒き逃げ(笑)
【量】は確実に増えているし…

なにより、それに滑って転ぶので非常に困る!!

どうしたものか?

by retoron543 | 2019-12-23 12:10 | 現在の件  

ばーちゃんの転倒対策 その3

「ばーちゃんの転倒対策 その2」の続きです。

看護師さんから提案されたのは、前回までの2点だった。

他にも、ばーちゃんをよくよく観察していると、分かったことがある。

【 ベットに座って 】の脱ぎ履きが出来ていない!

ベットは、ばーちゃんが腰掛けて脱ぎ履きするには高すぎるようだ。

それに、マットレスにお尻が沈んでしまい、ますます体を持ち上げることが難しい。

さらにさらに、シーツで滑るので、端に座ることも出来ない…。

うん、これね、トイレでリハパンを履き替えてくれれば解決するんだよ。

トイレは、ベットより低いし、しっかりした手すりも設置してもらっている。

なんで、寝室で脱いじゃうんだろう?

気持ち悪いから早く脱ぎたいのかな?
でも、漏らしながら歩く方が気持ち悪い気がするけど…

とにかく、ばーちゃんにはトイレでリハパンの脱ぎ履きをしてもらいたい!!

その対策を行うことにした。

まずは、もう寝室にリハパンを置かない!!

統一した方が混乱が少ないかな?と思うし、下手にベットサイドで履き替えようものなら、また転んでしまうかもしれない。

そして、寝室に「紙パンツはトイレ178.pngという張り紙を設置!

それから、トイレまでの行き来で、転倒してしまってはいけないので、寝室からトイレまでの途中…
ダイニングにもカメラを設置!!

それからは、今のところ転倒も大きなお漏らしもない…はず。
トイレからも、ズボンまで履いた状態で出てくる姿を見かけます。

このまま維持できますように…

by retoron543 | 2019-12-20 12:10 | 現在の件  

ばーちゃんの転倒対策 その2

「ばーちゃんの転倒対策 その1」の続きです。


次に看護師さんより、提案されたのが【柔らかい床にする】こと

今回は、転んだ勢いで「床」に頭を打ちつけたということだったので(ばーちゃん談)
その衝撃を和らげるためです。

それは…リフォームの域ですやん。

と思ったんだけど、どうやらマットを敷くなどで良いらしい。

でも、なんせ「すり足」のばーちゃん
選択を誤れば、それに足を引っかけ転倒しかねない。

子ども用のジョイントマットを進められた。

でも、これ、隙間からおしっこが染み込んだ日には、恐ろしい臭いを放つことになりますよ?

母と相談した結果
「ジョイントマット」の上に撥水効果のある「床保護マット」を敷くことにした。

それでも、隙間に入ってしまったら破棄するしかないんだけど…

家具やベットの下にまで敷くと、不安定になるし、手間も費用もかかるので、それ以外の部分に設置

設置前、「どう敷くか」について母と喧嘩…結局、母が一人で半日かけて敷いてくれました。
ごめんなさい。
でも、大雑把なわたしが手伝うより、器用な母がやった方がキレイになったんじゃないかな!!!

母の努力の結晶です。

ばーちゃんの転倒対策 その2_e0415982_12044026.jpg

ばーちゃんの転倒対策 その2_e0415982_12043302.jpg
キレイでしょう?

床の冷たさも軽減され一石二鳥!

ばーちゃん、大切に使ってね?


つづき

by retoron543 | 2019-12-19 12:10 | 現在の件  

ばーちゃんの転倒対策 その1

「どうして転んだのか?〈 汚話 〉」の続きです。


こんなに頻繁に転んでは大変!
ということで、その日、看護師さんより対策を行うよう助言をいただいた。

母とわたし的には、正直なところ「えー…」ってな感じ
薄情者ですみません。
今より、大変になるであろう事をハイハイと聞ける余裕はないのです。

*****

で、まずは【夜のみポータブルトイレを使用しないか?】と言われた。

少しでも歩きたくないばーちゃん
ポータブルトイレがあれば、喜んで使うでしょう。

だからこそ「夜だけ」というのも難しい。
昼間も使いたがるだろうし、実際、隠すなりしなくては使うと思う。
毎日出し入れをするの?

1日中、寝室でポータブルトイレ使ってしまえば、今以上に歩けなくなること必至

家の中でさえ、食事とトイレ以外はずっと寝ている状態
せめて、トイレに行くぐらいは歩いてもらわなければ、階段の上り下りが出来なる日は近くなるばかり…

あとは、やっぱり「処理」ね。
介護には付き物の下の世話…これが本格的に始まることになる。

ばーちゃんは、そこら中に撒き散らすので、「中身」を捨てるだけでは済まない。

週2回ヘルパーさんにお願いしている掃除では、すでに追いつかない状態なのに、その負担が益々増える。
だって、寝室が【汚トイレ】になるんですもの。

ばーちゃんのトイレは頻回なので、中身の処理も日に何度も…になる。
普通に仕事をしながら、合間でやってたら、臭いが気になって仕方ないよ。

というかですね

そもそも、トイレの行き帰りで転んでいるんじゃないんですよ!

おしっこを撒いた床で、リハパンを履こうとして、滑って転んだんだから!!

横にポータブルトイレがあっても一緒じゃない!!?

なんだったら、益々撒き散らして、すってんころりんよ!

と思いますの。

よって、ポータブルトイレは却下!!!


つづき

by retoron543 | 2019-12-18 12:10 | 現在の件  

どうして転んだのか?〈 汚話 〉

「ばーちゃん転倒」の続きです。

ばーちゃんは90歳
若い頃から歩くことが少なかったようで、移動は車か自転車
それも危なくなり、手押し車をレンタルして、近所には歩いて行くよう説得!
でも、本人は歩くことが嫌いで、すぐに、買い物にも出掛けなくなった。
それから、あっという間に足腰が弱ったように思う。

こんな、ばーちゃんだから、そりゃあ転ぶよね。
と思うけれど、どうにか転ばないように生活してもらいたい。

今回、転んだ原因はなんだろう?

それが
当日朝の状況と
同じ日の夕方、カメラで見てしまったばーちゃんの姿で…

わかっちゃったかも!!!

どうやら、ばーちゃんはトイレに行く時…

寝室で【 リハパンを脱いでから 】トイレに向かっている!!

そして、なんと!
しゃばだばだーと出しながらトイレまで歩いて行っている。

だからね、目的地に到着する前に出し切ってると思うの。

何故ならば、ベットサイドと便器の手前には、大きな水溜まりが…途中は点々ね。

それでね、トイレにリハパンが置いてあるんだけど、そのまま丸出しで寝室まで帰っちゃうの。

水溜まりをシャバシャバしながらね。

で、無駄にリハパンを替えまくるばーちゃんなので、寝室のリハパンも尿パッドも使い切っていて…

この日は、それを探すために、お尻プリプリ状態で、別室まで行きゴソゴソ
押し入れから「じーちゃんの尿パッド」を引っ張り出していた。

そんなこんなで、疲れているところ
さらに!自作の水溜まりの上で、リハパン(使用済み)を履こうとしたものだから

すってんころりん!
滑って転んだのだと思う。

本人も「転んだんじゃない!滑ったんだ!」と
どっちでも良いじゃねぇかと思うような証言をしている。

そして、どうやら自分でリハパンを履くこと自体も難しくなっている様子

わたしが履かせるにしても、「足を上げること」も「お尻を上げること」も、やっとこさ一瞬だけ!という感じ
これは…自分で出来なくなる日も近いのでは?

前回書いたけれど、この時はまだ、退院4日目
在宅で大丈夫なのか…
わたし達でやっていけるのか!?

早くも挫けそう。


つづき

by retoron543 | 2019-12-17 12:10 | 現在の件  

ばーちゃん転倒

ばーちゃん退院から4日目の朝6時30分

目が覚めて、スマホでばーちゃんの様子をチェック

この時、何故かカメラがオフラインになっていて、何度試しても見られない!!

なんでだー!!!
キーっとなりながら、まだ母も寝ているし…心配なので、直接ばーちゃんの様子を見に行った。

そしたらね、ばーちゃん転んでました。

またもや、お尻丸出しで!

リハパンを履こうとしたのかな?と思う。

床で頭を打ってしまったようで、少したんこぶになっていると自分で話した。

意識もあって、他にケガもなさそう。

丸出しのお尻で冷たい床に座っている状態だったので、とりあえず、ベットに座らせることにした。

脇の下から抱えて、ばーちゃんにも手すりを持ってもらい、なんとか持ち上げることが出来た。

病院に連絡した方が良いのかな?とも思ったんだけど、発見が早かったからか…前回よりも本人は元気そう。

この日、ちょうど訪問看護の日だったので、看護師さんが来てくれるまで様子を見ることにした。

看護師さんに診てもらっても、たんこぶ以外は大丈夫そうだということで、このまま嘔吐などに気を付けて自宅で様子を見ることになった。

ばーちゃんは、朝ごはんも昼ごはんもしっかり食べていつも通り!

でも、こんなに頻繁に転んでいたら自宅にいられないじゃない!!
どうしたものかしら…



by retoron543 | 2019-12-16 12:10 | 現在の件  

ばーちゃんの体調管理

ばーちゃんは、今回の入院中、入院時と退院前の2回輸血をした。

半月に1度のペースで輸血が必要なほどの貧血になった…ということだ。

今は、この貧血をコントロールしていかなくてはいけない。

月1回の往診と、週2回の訪問看護でも、もちろん診てくれる。

でも、その間に急激に貧血が進み、また倒れてしまっては大変!

顔色や血圧もだけど、わかりやすい貧血の基準を教えてもらったよ。

あっかんべーをした時のように、下瞼を下げます。
それで、下瞼の内側が白くなっていたら危険!ということです。

まさに、ばーちゃんも入院してすぐは、真っ白だったそう。

今は、ちゃんと血が通って赤いです。

えーわたしも、ちょっと白い気がする…
よし!週末のおつまみは砂肝コンフィにしよう!(笑)

年末年始に向けて!みんなで元気に過ごせるようがんばりまーす106.png

by retoron543 | 2019-12-14 12:10 | 現在の件  

ばーちゃんのこれから

ケアプランの内容を少し変えることになった。

【緊急時訪問看護加算】を加える。

何かあった場合には、365日24時間連絡&相談が出来るのだという。

主治医とも連携し、必要な対応を取ってくれる。

もちろん必要であれば看護師さんが来てくれる。

*****

ばーちゃんが倒れた時(「とうとうやってきた〈汚話です〉」

わたし達の判断で、救急車を呼ぶことはなかった。

本人も寝ていたいと言うし、わたし達も予定があったので、そうしてもらうことにした。

本当は、その時にすぐ、病院へ連絡をするべきだったのかもしれない。

でも「大丈夫かな?」と思ってしまった。

この時のことを考えると、的確な判断ができる自信はない。

ばーちゃんは、これからどうなっていくのか?どんな状態になるのか?

想像もつかず、不安なわたし達にとって、こんなに安心できるものはない!!

さらに、訪問看護を週1→週2に増やしてもらえることになった。

手を借りながら、無理なく自宅で過ごせるようにできたらいいな。

by retoron543 | 2019-12-13 12:10 | 現在の件  

久しぶりのじーちゃん

最近、ばーちゃんのことばかりだったので、今日は久しぶりにじーちゃんのことを…

ばーちゃん入院中
サ高住に居る、じーちゃんもあまり体調が良くなかった。

食堂で、歩行器も使わず、一人歩きだしてしまったじーちゃん
6メートルほど歩いたところで尻もちをついて転んでしまったそうです。

その後、血尿
抗生物質を処方され、尿の色は良くなってきていた。

で、やっぱり、こうなるとハイテンションに…

いつもは会いに行っても、知らん顔で寝ているじーちゃんが、ずーっと起きてる。

いや、体は横になっているんだけどね。
お目めぱっちり!きょろきょろ周りの様子を見ているの。

こんな時はよく話す。

でも、わたし達が誰だかわかっているのかは怪しいところ

じーちゃんの田舎から来たと思っているようで、電車賃はいくらだとか聞かれる。

車で来たから分からないよーと母が上手くかわす。

一時よりは、ハイテンション具合も落ち着いていたので、快方に向かっているのかな?

スタッフさんにも最近の様子を聞いたところ、やっぱり、いつの間にか一人で自室のトイレに行っちゃうそうだ。

じーちゃん、トイレに尿パットを詰まらせた前科がある…

呼び出しベルで、スタッフさんを呼んでくれれば良いんだけど、それは分かっているのか、いないのか?

きっと「一人で大丈夫」と思っているんだろうな。
というか、出来なくなったことを忘れてるっぽい。

じーちゃん、しんどくなぁい?と聞くと
前までは「しんどくないことはない!」…つまり、しんどいと答えていた。
でも、今回は「しんどいことはない!」…つまり、大丈夫なのか?

この日は、作ったプリンも食べてくれ、終始ニコニコじーちゃんだった。

このまま体調も良くなりますように。

by retoron543 | 2019-12-12 12:10 | 現在の件