人気ブログランキング |

<   2019年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

眼科往診 サ高住2週間目

じーちゃんは、入居した頃から…
本当はもっと前からなんだけど105.png

目をよく擦っていた。

入院する前は、眼科の受診は必要ないと本人が拒否しており

ダメなんだけど、ばーちゃんが処方してもらった目薬をさしていたらしい。

老健では、目薬を処方してもらっていたが、病院では気にする素振りもなかったので、特に何もしていなかった。

でも、サ高住に来てから、やっぱり擦っているし、目やにが多いこともあった。

入居当日に、母が施設長さんにその旨を伝えると、主治医に伝えるということだったので、任せていた。

これまで、擦っていたり、目やにがあるときには、拭き取ってあげるようにしていた。
それで、落ち着くことも多かったので、様子をみていたが、やっぱり赤くなっている時もある。

施設に確認すると、往診がまだなので、目薬の処方はされていないらしい。

自宅近くに昔通っていた眼科がある。

そこに、母とわたしの2人でじーちゃんを連れていけないか相談していた。

個人病院なので、病院に、車椅子や歩行器はない。
施設で借りている歩行器を使っても良いか聞いたところ、室内用のため、持ち出せないらしい。
しかも、その病院の入り口は、階段でスロープもない。

車椅子の準備がある大きな病院に…とも考えたが、じーちゃんが入院していた病院に眼科はない。
それ以外だと紹介状がいるし、どうしても混んでいる。
普段、外出をしないじーちゃんに長時間は負担になるかもしれない。

母は、ダメ元で、近所の眼科に、施設まで、往診に来てもらえないか問い合わせてみた。
すると、なんとオッケー!!

施設側も大丈夫とのこと。

めっちゃ融通きくのね。
ありがたい145.png

これで、昔馴染みの先生に診てもらえることになった。
良かった!
母さん大活躍!!
ありがとー!

つづき

by retoron543 | 2019-09-30 12:10 | 現在の件  

ケアプラン変更 サ高住2週間目 追記10/2

施設から連絡があった。

【夜中の身体介護ができないので、夕方に変えてほしい。】

病院でも、言われていた通り
ぐっすり寝ていて動かせないらしい…

いや、ケアマネさんには言うたんやけどね。

ケアマネさんが、夜中に必要だから!と毎日入れたんよ。

たぶん、それは、骨折で入院していた時の話
骨折した時には、じーちゃんもしんどかったのか朦朧としていたしね。

こちらとしては、是非是非!という感じなので、そのように伝えた。

この件は、施設側から、ケアマネさんに連絡してくれるらしい。

ケアマネさんは、すぐにケアプランを変えることは出来ない!と頑なだったけれど、変えてくれるのかな?
施設側からの提案ならいいのかな?

楽しみにしております。(性悪)

あ、大叔父が、じーちゃんの部屋に冷蔵庫とテレビを置けってさ。
用意してくれたら助かります!
設置から処分までやってくれるなら、是非!!
処分丸投げは止めてくださいね。

わたしらが考えてないはずがないじゃない。
口だけ出す人はいらない。
せめて、わたしらが考えも及ばない有意義な意見にしてください。

[追記 10/2]
母が
テレビ持ってこようか?
と、じーちゃんに聞いたところ…
「いらん!」
だそうです。

by retoron543 | 2019-09-30 07:10 | 現在の件  

おむつの花

ばーちゃんが
じーちゃんの使用済みオムツを埋めたプランターから
(「おむつ処理」)

真っ白な彼岸花が咲いていた。

今までに咲いたこともないし
植えたこともない

鳥かしら?

おむつの花_e0415982_22193353.jpg

by retoron543 | 2019-09-29 22:10 | 現在の件  

サービス付き高齢者向け住宅 用意したもの

サ高住入居時に準備したものについて、まとめておこうと思います。


まず、サ高住の個室に設備されているものは…

・トイレ

・洗面所

・クローゼット

・エアコン

・カーテン

その他について必要なのものは、すべて入居者が準備しなくてはならない。


福祉用具レンタルしたもの

・介護ベット&サイドテーブル

・歩行器


家具類

・プラスチック三段ケース

・机&椅子3脚(来客用)


衣類

・普段着&パジャマ 各5セット程度

・肌着&靴下 各8セット程度

・バスタオル 5枚

・フェイスタオル 10枚


シーツ予備(これプラス各1枚設置済み)

・掛け布団カバー 2枚

・ボックスシーツ 1枚

・防水シーツ 2枚

・敷きパット 3枚

・枕カバー 5枚


介護用品

・尿瓶(尿バック破棄用)

・陰部洗浄用ボトル(100均ドレッシングボトル)


お風呂セット

・洗面器

・ボディタオル


洗面用品

・入れ歯ケース

・コップ&うがい受け

・電気シェーバー

・鼻毛カッター(耳毛にも)

・爪切り&やすり

・ペーパータオルケース


掃除道具

・掃除機

・クイックルワイパー

・トイレブラシ


その他

・マグカップ&蓋

・ゴミ箱 2個(1個はオムツ用の大きな蓋つきタイプ)

・洗濯物入れ

・ハンガー

・100均の収納ボックスやカゴなど


娯楽(使わないけど…)

・将棋セット

・時代物や将棋の本 5冊


消耗品


・使い捨てゴム手袋(50セット100枚入)粉なし


・おむつ(リハビリパンツ)たまにテープタイプも使っているかも?

・尿パット(じーちゃんは、便用なので長めのもの)

・おしり拭き


・トイレットペーパー

・箱ティッシュペーパー

・ペーパータオル

・手口拭き用ウェットティッシュ

・アルコール除菌ウェットティッシュ


・クイックルワイパー ドライ&ウェットタイプ

・トイレクイックル

・トイレ掃除用洗剤

・ゴミ袋


・ハンドソープ

・ボディソープ

・シャンプー

・保湿クリーム

・ポリデント


・ペットボトルのお茶

・とろみ剤


・使い捨てエプロン(食堂で貸してくれるので未使用)


ぐらい…かな?


使い捨てゴム手袋は、

スタッフさんも使うので、めちゃくちゃ減りが速い!!

一週間で1箱のペースです

適当に買っちゃうと、1箱700円の時も…

なので、お安いAmazon様でまとめ買い!

自宅に保管して、減ってきたら持って行きます。


「使い捨てゴム手袋」と「とろみ剤」は、施設側で自動的に購入してもらうことも出来る。

とろみ剤はお願いしたんだけど、ゴム手袋はAmazonのが安いんだよねもったいない()


尿瓶陰部洗浄用ボトルは、

入居後、じーちゃんには必要と言われ、購入しました。


陰部洗浄用ボトルは、100均にあるドレッシング用ボトルで代用できるということでした!

キャップが1つ穴のものより、3つ穴のもの(マヨネーズを飾り絞りできるタイプ)が使いやすいと教えてもらいました110.png


義妹ちゃんは、赤ちゃんのおしり洗いにも使っていたそう!

なんて、すてきなママ…!そんな使い方があるなんて知らなかったよ151.png


からだ用の保湿クリームは、

病院でのCSセットに含まれてた「ベーテル」

すごく良くて、自宅でも購入して使ってます。

サービス付き高齢者向け住宅 用意したもの_e0415982_15521387.jpg


掛け布団カバーは、

施設長さんから言われて、探しまわった103.png

「4か所の角に穴があいているタイプ」

そこから、手を突っ込んで布団を引っ張れるので、交換しやすいらしい。

老健でも、そんなタイプのシーツを使っていた。

でも、これが中々無くて。2か所の角が空いているものはあったんだけど…

実店舗とネットで、探して探して、やっとネットで販売している1件を見つけました。

みんな、どこで買うんだろう?

サービス付き高齢者向け住宅 用意したもの_e0415982_15522840.jpg


そして

持ち物には、すべて記名しています。

個室だし、部屋から持ち出さないものは、記名しなくてもいいかな?と思ったんだけど…一応、全部書きました165.png


ついでに、プラスチックケースにも、中身がわかるようにテプラを貼り付け!

自室の中は、本当に自由なので、物を置く場所に決まりがない!!

スタッフさんは、部屋ごとに場所を覚えているのかしら?

少しでも、分かりやすくなれば…と思い、やってみました。

サービス付き高齢者向け住宅 用意したもの_e0415982_15515364.jpg
サービス付き高齢者向け住宅 用意したもの_e0415982_15515940.jpg
サービス付き高齢者向け住宅 用意したもの_e0415982_15520655.jpg


最初に用意したのは、これぐらいかな?


冷蔵庫やテレビも悩んだけど、とりあえずは「なし」でいくことにしました。


これから寒くなると、お茶を冷やす必要はないし、テレビもそんなに見ないかな?食堂にはあるし。


もうひとつの理由は、【処分】するのが大変

「できれば特養へ!」と考えているので、その時には必要がなくなる…

その引っ越しの時に、女2人(プラス小学生)では、厳しいのです。リサイクル料いるし。


今後、どうしても必要な時は購入するかな?


最低限の準備かなと思ったけど、意外と大変だった。

母が、シーツなど布類は、すべて、購入後1回洗濯していたので、ますます大変だったと思う。


がんばったよー!お疲れさまでした!


by retoron543 | 2019-09-27 17:10 | じーちゃんの件  

じーちゃんの様子 サ高住2週間目

じーちゃんのサ高住入居から2週間

じーちゃんは、快適に過ごしている様子

週2回お風呂に入れてもらって、さっぱりしているし
頻繁に髭も剃ってもらってスッキリ!
そのためか、いつもよりお肌がカサカサになっているけど、保湿クリームも塗ってくれているみたい。

食堂での食事は、食べこぼしもあり、多少の介助が必要とのことで、スタッフさんの近くに席替えされ、しっかり見てくれている。

自室でのお茶(ペットボトル)も、じーちゃんが飲まないものだから、なかなか減らないけれど、コップの中身は交換してくれている。

排泄も、
頻繁に尿バックの破棄をしてくれて
週2回の排便コントロールで、便秘も解決!

シーツも1度交換してくれたみたいだし、
掃除もしてくれてるのかな?
ゴミ箱のゴミは、いつもきれいさっぱり捨ててくれている。

これで、もし何かあって、最悪、わたしたちが行けなくなっても、大丈夫!!!
じーちゃんをどうぞよろしくお願いします145.png
追加料金を含めた請求が怖いけど(笑)

何もない限りは、
少なくとも、母週2日&わたし週1日は通い、もっともっと快適に過ごしてもらえるよう努めたいと思います!

消耗品の補充も必要だしね。

やっぱり行くたびに、トイレは汚れているし、掃除やシーツ交換も週1回では間に合わない部分がある…
じーちゃんの様子も気になるし、当分はこの体制でいくつもりです。

前回、子どもを置いて、お昼に行った時には、手足の爪切りをしてあげることも出来た。
仕事を抜けてばかりは行けないので、時間に限りはあるけれど、出来る限りのことをしていこうと思う。

今、じーちゃんは、とっても元気になっていて、
前に病院でもあったように(「じーちゃん歩いたってよ」
歩行器も使わず、尿バックを手に持ち、一人で歩いていたそう。

自室から出て、エレベーターの前に立っているところを、スタッフさんが見つけて、声を掛けてくれたらしい。
どうやら、トイレに行きたかったようで、そのまま部屋に戻り、トイレに連れて行ってくれたそうです。

自室にトイレがあることは認識していないのかな?
もしかして、認識したら自分でトイレに行けるの…?
それはそれで、大惨事になりそうで怖い105.png

ばーちゃんの事も含め、今後の不安は盛沢山だけど、
じーちゃんは今までで1番、穏やかに、幸せそうに過ごしているように見えます。

by retoron543 | 2019-09-26 17:10 | じーちゃんの件  

かまってちゃん ダブルケア

前にも書いたことがある。(「かまってちゃん お盆休み中」

今回は、娘が本領発揮中…

じーちゃんがサ高住に入居して6日目(「じーちゃんの様子 サ高住6日目」

この日、娘は超絶ご機嫌ナナメだった。

そうはいっても、小学生!
話せば分かる!と思うでしょ?

いやいや、うちの子すんごいんですよ。

泣き喚いて、お話にならない。

娘は、習い事に行かなきゃいけないし、
わたしは、その間に、じーちゃんの所に行かなきゃいけない。

なのに…
ぎゃーっ!!!泣

なぜ、そうなったか?

【じーちゃんに食べさせようと、ピオーネの皮を剥いていた】

ただ、それだけ

自分にも剥いてくれと言われたんだけど、時間もなくて、娘は自分で食べられるし、
自分でやってと言ったら
「じーちゃん、ばっかり!!」

いや、ばっかりではないけども。

じじばばに対抗して、赤ちゃん返りなの?

泣き喚く娘を、とりあえず車に押し込み出発(ごめん)

最悪、習い事は休んでも、じーちゃんの所には行こうと思った。

でも、到着するまでになんとか落ち着き、娘は習い事へ…

そのあと、じーちゃんの部屋の掃除やらなんやらしたから、余計に疲れた103.png

この頃、娘は反抗期の入り口なのかイライラしている。
そこに、運動会の練習も重なり、疲れから、ますます不安定に

どうしよう

これを受け止め
じじばばのお世話を手伝い
自分の生活をこなしていけるほどのキャパは持ち合わせていない。

でも
「子育て」がわたしの本業だ!!!
なんとかせねば。

あれから一週間後

娘の不安定は続いていた。

じーちゃんの所へ行く前日の夜
強烈な甘えん坊と化した娘は1時間も泣き続けていた。

学校も習い事も休むと言っていたが、結局、学校へは行き、習い事は休むことにした。

娘を留守番させて、じーちゃんの所へ行こうかとも思ったが、せっかく習い事も休んだのだから、夕方は娘と一緒にゆっくり過ごすことにした。

じーちゃんの所には、仕事を抜けて、お昼に行った。

娘は、下校してから、学校でのことをたくさん話してくれ、ハムスターと遊び、にこにこと過ごしていた。
夜も、幸せそうに眠った。

自分では
娘のことも、じじばばのことも、
ちゃんとやっているつもりだったんだけど

気付かないうちに
何でも自分で出来るようになった娘のことを蔑ろにしていたのかもしれない。

本業は子育て!!
娘も、じじばばも平等に…ではなく、娘を中心に!
時々、じじばばのお手伝いもしていこうと思います。

by retoron543 | 2019-09-25 22:10 | じじばばの件  

できなくなったこと 要介護認定調査に向けて

ばーちゃんの要介護認定調査の時期が近付いている。

長い間、本人とケアマネさんに任せていたが、前回から母も立ち会うようにした。

基本的には、本人の状態を見て…なのかな?
と思うのだけど、例に漏れず、毎回張り切っちゃうらしいばーちゃん

家族とケアマネさんに
普段の状態や、困っている事を本人の居ない所でも聞いてくれるらしい。

その時に、真っ白になっちゃうという不安を持つ母のために
一緒にばーちゃんについて、まとめておくことにした。

内容としては、このブログに書いてある事なんだけど105.png

まとめて書き連ねると、なんだか切ない。

子どもは、成長するにつれ、どんどん出来ることが増えていく。
知らないうちに、こんなことも出来るの!?と驚くことも

それが、ばーちゃんは逆で

これも出来なくなったね。
これもやらないけど、出来ないのかな?

当たり前にやってきた事が知らないうちに出来なくなっている。

こちらは、少し前まで出来ていたんだから「出来るでしょ?」と思ってイライラすることも…
でも、本人だって「やらない」んじゃなくて「できない」んだから辛いよね。

本人に「できない」ことを突きつけず、穏やかに接すると、ばーちゃんも落ち着いていることが多い。

あとは、じーちゃんも、ばーちゃんも
長い文章を理解できていない気がする。

子どもが幼稚園の時には、簡単な単語で、端的に話しかけるようにしていた。
同じように話すと、理解してくれることが多い。

あぁ戻っていっているんだなと感じる。

子育てをしていて、「我が子」だから、どうしても熱くなってしまう時がある。
そんな時、一歩引いたところにいる母は冷静だったりする。
そうして母に助けられながら、子育てをしている。

母は、自身の親だからこそ、どうしても親の「出来ない」部分が受け入れ難く、必死になってしまう時があるのかもしれない。
そんな時は、少しでも、わたしが支えられたらなと思う。


つづき

by retoron543 | 2019-09-23 23:10 | 現在の件  

ケアマネジャー変更

ばーちゃんのケアマネを他の方へ変更することにした。

このケアマネさんは、じーちゃんも一緒にお世話になっている。

ばーちゃんは要介護認定調査の時期が近づいており、次のケアプランが確定する前に…と思い行動することにした。

じーちゃんに関しては、先日、サ高住入居に伴いケアプランが確定したばかりで、施設に入居している限り、緊急時にケアマネに何か動いてもらわなくてはいけない…ということは少ないのではないかと思い、このまま担当をお願いすることにした。
また、サ高住に入居しているので、このサ高住と同系列のケアマネにお願いしなければ、また色々とややこしそう。
じーちゃんは、特養に入所できればとも考えているので、そうなればケアマネをお願いすること自体がなくなるはず。

実は、わたしは、ずっと今のケアマネさんに不信感を持っていた。

元々、ばーちゃんは友達(噂好きな近所のおばあさん)に紹介され、ケアマネをつけることにした。

最初の担当ケアマネさんは、その事業所を一人で経営していた。
そこに今のケアマネさんを雇ったようで、我が家のじじばばは、その新しいケアマネさんに引き継がれることとなった。

前のケアマネさんは、母にも話しを聞いたり、状況を教えてくれることが多かった。
それも、わたしたちが日中仕事をする場所を通って、じじばばの家に行くのだから、ついでと言ったら申し訳ないが、大きな負担ではなかったのだと思う。
それが、今のケアマネさんに変わってからは、避けるように、じじばばの家に行き、知らないうちにさっと帰ってしまうので、話す機会もほとんどなくなった。

それに対して、ん?とは思ったものの、その頃は私たちが関わらずとも、じじばばは生活していたので、関係ないからいいやーと気にしていなかった。

それから、数年が経ち、「関係ない」では済まなくなった。

少しずつ、母もケアマネさんと話しをする機会が増えていた。
でも、やっぱり、孫のわたしは変わらず「関係ない」と思っていて、わたしが口を挟むべきことではないと考えていた。

それが、ばーちゃんの入院で、一気にわたしにも「関係のある」事柄となった。

この時「ばーちゃん入院中」
抗がん剤治療中の母に変わり、じじばばの世話を私がやらなくてはいけなくなった。
もちろん、母も自宅での治療だったため、主体となって動いてくれた。
それでも、私は大きな負担を感じていた。

入院中のばーちゃんの世話だけでなく、それまでばーちゃんが家事をしていた分、在宅しているじーちゃんの世話もしなくてはならない。

どうにか、ばーちゃんの入院中、数日でもじーちゃんをショートステイに入れてもらえないかと相談した。

前のブログにも書いた通り、私たちはただでさえ余裕のない生活を送っていた。
それをケアマネも知っていた。

それでも、「せん妄になるから」との理由で、受け入れ先を探すまでもなく断られた。
正直、ショートステイに行かなくても、じーちゃんは認知症になったし、自宅に居ても、「ばーちゃんがいない」事でせん妄に近い状態にもなっていたのではと思う。

結局、デイサービスを週2→週3に増やしてもらい、朝の準備は大変になったけれど、お昼ご飯は食べさせてもらえる…程度の状態でなんとか乗り切った。

ショートステイに行っていたとして、楽になっていたかどうかは分からない。
でも、ケアマネが「親身になって話しを聞いてくれた」という事実がないことは確か。

それから、また月日が経過「病院での面談」
じーちゃんが骨折入院した時にも、退院先について、ケアマネに相談した。

一旦、入院になってしまえば、「在宅」ではなくなるので、ケアマネの仕事外になるのか…そんなことも分からなかったので、それも含め教えて欲しかった。

それも、曖昧なまま、病院側に「ケアマネ同席」との依頼を受け、継続して相談に乗ってもらうこととなった。

でも、教えてくれたのは【自宅から遠い1件の老人ホームのみ】
その他について聞いても、施設を探してくれるわけでもなく
家族が動くとしても、どのように探して行くものなのか教えてくれるわけでもなかった。

結局、役所に問い合わせたり、ネットで調べるなどして情報を得ていくしかなかった。

ここまでは、まだ、こんなものなのかしら…と仕方ないものと思うようにしていた。

そして、決定打「ケアプラン サ高住入居前日」
先日のじーちゃんのサ高住でのケアプラン作成の諸々

ケアプラン作成前に家族側へのヒアリングはなく

こちらから連絡をしても、折り返しもない。

ぎりぎりに連絡が来た際には、
「この施設は初めてなので」「契約内容を知らないので」の繰り返し

すべてを把握しろとは思っていない。

わからないなら、早く「わからない」と教えて欲しい。

こちらも何が分からないのか、何を質問すればいいのか、それすらも分からない。

曖昧なまま、ミーティング(担当者会議)で家族側の希望を言えって…それは事前にケアマネと話すことではないの?

事前に面談の時間をもらえたら、契約内容を説明することも出来たし、契約書を見せることだってできた。
少なくとも、家族側の希望は聞かないものなのだろうか?

不信感でいっぱいになった。

これまでも、おむつの支給など、役所で手続きが必要な支援制度についても、こちらが、見つけて役所に直接届けを出すか、たまたまケアマネにその旨を話すことがあり、「じゃあ」という事で、ケアマネが手続きのみ行う事が何度かあった。
それは、制度の存在をケアマネに教えてもらうことは出来なかったのか?

何かを質問しても、適当に答えているのか、あとからの訂正が多かった。

今回のサ高住での水分補給についてもそうだ。
施設なので大丈夫です⇒
知り合いに聞いたら、してくれないみたい⇒
施設長に聞いたら、用意しておけば、してくれるらしい

この間、私たちはいちいち右往左往しなくてはいけない。
何度も言うけれど、わからないなら、「わからない」と言って欲しい。施設に直接聞くから。

そのため、今では、ケアマネが段取りをしていても、それで大丈夫なのか、施設側に確認はしたのか、
それを確認しなくてはならないほど、信頼はない。

はじめに書いた通り
じーちゃんは施設に入居している限り、何かあっても、料金がかかったとしても、施設側がなんとかしてくれると思う。

でも、ばーちゃんは違う。
もし、母が何かしら…体調を崩し入院をすることでもあれば、
今、母が担っている「ばーちゃんの世話」はすべて私に降りかかってくる。

その時には、私からケアマネに連絡をとり、ショートステイに入れてもらうなど、何かしら協力をしてもらわなくては、まず生活が成り立たなくなる。
それを、今のケアマネに望めるとは思えない。

新しいケアマネさんが、どんな人なのか…まだ、わからないけれど、現状、不信感しかない状態よりはマシ。

現在、ばーちゃんの利用している「訪問介護・看護」「デイサービス」は、かかりつけの病院と同系列のもの
ケアマネも、同じ系列の事業所にお願いすることとなった。

ケアマネも、空き状況などがあるので、役所に掲載されている情報を元に、直接、希望する事業所に連絡をした。
受け入れ可能との返事を頂き、現ケアマネに変更を伝える。

引継ぎなどもあるため「都合の良いようにしてください。」と伝えたところ、
11月より新しいケアマネさんについてもらえることになった。

by retoron543 | 2019-09-21 07:10 | ばーちゃんの件  

じーちゃんの様子 サ高住6日目〈注意 汚話です〉

じーちゃん入居から4日目までは、毎日行った。

2日目には、お風呂に入れてもらったようで、キレイに髭を剃ってもらい、保湿剤も塗ってくれたのか、じーちゃんはピカピカになっていた。

じーちゃんは、お茶を「いらない」と、ほとんど飲まない。
減らないからか、コップに注いだお茶が入れ替えられている形跡はない。
まぁ私たちが毎日来てかえていたしね。

まだ掃除はしてもらっていない。
乾燥した皮膚がポロポロと落ちていて、埃やら色々気になるので、毎日掃除をした。
母が一度、トイレ掃除もしてくれた。

5日目をとばして

6日目は、子どもの習い事の送迎前後に行った。

夕方4時半頃に到着するとじーちゃんは、早くも食堂に座っていた。はやっ!

じーちゃんに声を掛け、部屋に向かう。

何か色々ぐちゃぐちゃ!!?
と、床を見るとちょっとキレイ。
家具を除けて掃除をしてくれたみたい!

じゃあ、今日は掃除は簡単で良いかな♪
持ってきたものを片付け、家具とクリーニングから戻っていたタオル達をお片付け…

簡単に掃除を済ませ
一応、トイレも確認
ん?
便座を上げてみると…
え…爆発したん?
打ち上げ花火のような大惨事
めっちゃ掃除したよ。

表面はざっと、掃除してあるようだった。
えーと、これは、有料10分の掃除をしてこれ?
それとも、掃除のあとに汚れたのかな…

もんもんと考えながら、空のベットに目をやると
UNKOシミ多数
まじか。
風呂中にシーツ替えてくれるんと違うんか?もう2回はお風呂入ったはずやけど…

そうこうしていると、もう子どもの迎えの時間
時間もないので、急いで一番上の「敷きパット」と「枕カバー」を交換!
まだ一度も交換していないようだけど、次の風呂まで3日もある。
それまでUNKOカバーはやだもん。

5時過ぎ、じーちゃんの前に食事が運ばれてきた。

子どもの習い事中に…と思っていたが、間に合いそうにない。
さすがに掃除だけで、じーちゃんと何も関われずに帰るのは嫌だ!

本当は、じーちゃんと部屋で過ごしてから食堂にーと思っていたんだけど、仕方ない。
スタッフさんの都合もあるし、流れを邪魔したくもない。

子どもを迎えに行き、お腹が減ったと騒ぐので、途中スーパーでおやつを購入
再び、じーちゃんの元へ!!

5時半、じーちゃんはスタッフさんと自室に居た。
就寝介助は8時前でないのかしら?と思いつつ見守る…
オムツチェックとおしっこ破棄、そしてパジャマに着替えさせてくれた。
どうやら、訪問介護と関係なくやってくれてるっぽい。
ありがとうございます!

その後、じーちゃんにはピオーネを、子どもには買ってきたワッフルを食べさせ、暫し、まったり…
している時間なんてない!!
すでに6時過ぎ、子どもは宿題もしていないし、夕飯の買い物にも行かなくては!!

じーちゃんに、入れ歯は後で洗いに来てくれる?と聞くが、「来ない」という。
ただ、食事をしたのも、風呂に入ったのも忘れているので、実際は分からない。
とりあえず、入れ歯を洗いポリデント!
じーちゃんにうがいをしてもらい、終了!!

また来るねーと声を掛け、ダッシュでスーパーを経由し帰宅した。

し、しんどい…

持ち帰った洗濯物は、母に押し付けたけど(ごめんなさい!)

これは、続かんぞ。
しかも、爪を切る時間なんてなかった。

上手く段取りを考えなければ…
さすがに、施設に任せっきりも、まだ不安。

お茶も、中1日あったけど、コップのお茶がそのままだった(笑)
ペットボトルも開けられず、横に置いたまま。
まぁ、どっちにしろ、じーちゃんは飲まないみたいだけど。

とりあえず…母と一緒にがんばる。

by retoron543 | 2019-09-19 17:10 | じーちゃんの件  

ばーちゃん、じーちゃんのサ高住へ遊びに行く

じーちゃん入居から2日後

ばーちゃんを連れて、じーちゃんの元へ!

ばーちゃんとは、この日、じーちゃんに会いに行こうねと約束していた。
それを覚えているのか、いないのか…
当日の朝になって「行かない」と言い始めた。

仕方ない…
ばーちゃん、帰りにみんなで、うどんを食べに行こう!!

行くってさ111.png

杖をついて歩くばーちゃんは
歩行器で歩くじーちゃんと比べて
段違いに遅い…

なんとか、じーちゃんの部屋に到着

前回、入院していた時は(「ばーちゃん、じーちゃんのお見舞いに行く」
ばーちゃんにも愛想笑いを浮かべているようで、なんとなく他人行儀だった。

でも、今回は、しっかりばーちゃんだとわかっているよう。
ばーちゃんが、誰か分かるかと聞くと
じーちゃんは、「わかるわ!」と嬉しいような拗ねるような言い方で返事をした。

その後
じーちゃんの爪を切ったり、掃除をしたりして、1時間くらい過ごした。
やっぱり、病院や老健と違って、滞在しやすい103.png
部屋も広いしね。

ばーちゃんに、キレイでしょう?広いでしょう?と聞くも、意識的に口をつぐんでいるよう。
どうやら、肯定してしまうと、自分もここへ入居させられると思っているみたい。
ばーちゃん、残念ながら、ばーちゃんまでここに入るお金はないよ。

じーちゃんも、ばーちゃんも眠そうなので、そろそろ帰ることに…

ばーちゃんは、待ちに待ったうどん!!(笑)

が、なんと駐車場がいっぱい 149.png

マックが良い!と言う娘…
ばーちゃんも、フィレオフィッシュを食べると言ってくれたので、マックのドライブスルーへ
我が家で、ばーちゃんも一緒に食べました。

次こそは、うどん食べようね!!

by retoron543 | 2019-09-18 17:10 | ばーちゃんの件